tahki.cocolog-nifty.com > 釣りの思いで

2008.9.22  最上川.清川 萩の花 散る
2008.9.7 最上川 清川 「松尾 芭蕉 上陸の地」
在りし日の国柄さん
米代川の鮎釣りの名手達
一期一会
米代川に秋の花が咲くと、そろそろ鮎とお別れ...
ブナの原生林から流れ出た川
朝の四万十川
真瀬川にて
四万十川 
鮎の毛鉤釣り 

<< 前 | トップページ | 次 >>

四万十川 

四万十川 

漁師の川で、素人が、鮎を釣るのは、至難の業だというのが、四万十川の第一印象だった。
高知のpekopekoさんの案内がなければ、四万十川では、ボウズだったかもしれなかった。多くの人が、四万十川に来るが、ほとんど大苦戦するという。
水温一つとっても、高温で、オトリが大抵横になってしまう。等々。
通常の所では、難しかった。
そのために、左岸側から、川の真ん中の浅いところに入って、右岸川を狙うという釣りをした。この荒瀬なら、漁師の網は効かないだろうと思った。思惑通り、四万十川の幅の広い鮎が、竿先をグングン引っ張った。追い星が、黄色で大きかったのが印象的だった。

固定リンク