tahki.cocolog-nifty.com > 釣りの思いで

2008.9.22  最上川.清川 萩の花 散る
2008.9.7 最上川 清川 「松尾 芭蕉 上陸の地」
在りし日の国柄さん
米代川の鮎釣りの名手達
一期一会
米代川に秋の花が咲くと、そろそろ鮎とお別れ...
ブナの原生林から流れ出た川
朝の四万十川
真瀬川にて
四万十川 
鮎の毛鉤釣り 

<< 前 | トップページ

鮎の毛鉤釣り 

鮎の毛鉤釣り 

雨上がりの川面。鮎の毛鉤釣りは、忍耐がいる。入れたらいつでも食い付くというわけではない。時間帯もあるが、何よりも鉤の選択に苦しむ。
しかし、ひとたび鉤に掛かり出すと、狂ったように連続して食い付く。そして、鮎が驚喜する鉤は、ボロボロになり、巻きがほどけるか、食いちぎられるから不思議だ。
「鮎の毛鉤釣り」はチビ鮎ばかりと思われる方が多いと思う。
実は、違う。
2007年 6月1日 栃木県那珂川で、 鮎の毛鉤に、驚喜した鮎が、
(14cm~18cm 位の鮎) 「82匹」が釣れた。

固定リンク