tahki.cocolog-nifty.com > 釣りの思いで

2008.9.22  最上川.清川 萩の花 散る
2008.9.7 最上川 清川 「松尾 芭蕉 上陸の地」
在りし日の国柄さん
米代川の鮎釣りの名手達
一期一会
米代川に秋の花が咲くと、そろそろ鮎とお別れ...
ブナの原生林から流れ出た川
朝の四万十川
真瀬川にて
四万十川 
鮎の毛鉤釣り 

<< 前 | トップページ | 次 >>

米代川に秋の花が咲くと、そろそろ鮎とお別れ...

米代川に秋の花が咲くと、そろそろ鮎とお別れ...

米代川 

鮎釣りに行って、河原に咲く花が実に綺麗だと思うことがある。
東京に住むと、いつも菊や百合の花が、店に並んでいるので、花の季節感が無くなりつつある。
しかし、河原にはそれがない。

天竜川の河原に、「カワラナデシコ」が咲く頃の鮎釣りが、もっとも好きだ。

また、山梨県の桂川の谷間に山百合の花が咲くとき、釣っている私の花に、プ-ンと、山百合の花の臭いがついてくる。頭を挙げて廻りを見ると、白い大きな山百合が頭のすぐ上に咲いている。いい匂いだ。この花の匂う時が、桂川で最もいい鮎が釣れると思っている。

今回は、米代川に行き、米代川で、もの凄いハネがあると地元の人に聴いて、朝5時頃行き、鮎の毛鉤釣りをしてみたが、....。ハネとハネとの間が、20mもある。難しい。
大河での、「鮎の毛鉤釣り」は、難しい。しかし、大河で、「毛鉤釣り」で、大釣りするのが、夢だ!
この写真を撮れたのが、せめてもの収穫であった。 
しかし、来年ここで、再びこの美しい花を見れるという保証はない。
 なぜなら、これから、これらの花の上に、幾度と無く大きな濁流が襲いかかるであろうから。
 この花とも、一期一会である。
 

固定リンク