海外の釣り

2017年9月27日 (水)

「蒙古幻の魚釣行隊」

Scsc_0303

モンゴルとロシア国境付近が目的地である。

モンゴルの首都ウランバ-トル(ULB)から約600km

先の国境付近を目指してデコボコ道の長い旅

が始まった。

Sdsc_0269

毎年日本人は私一人であったが、今年は5

加し、秘境に向かった。日本人にとって

国境付近はほとんどいくことができない場

所であり、幻の魚と呼ばれるイトウ(陸

されたサケ科の魚)が棲息し、アングラー

にとっては垂涎の場所である。  私は

1955年モンゴルの草原へ乗馬に行き、爾来、

草原を走ることの魅力に憑かれて久しい。

当時、乗馬の若い学生スタッフが今実業家

としてULBで活躍していることか20年ぶ

りに再会し、2015年から一緒にモンゴル辺

境の地へ釣りに行っている。現地の釣り

チ達と一緒だから、イトウはいつも対面で

きる

ULBから3台の車(ランクル、サファリ、パ

ジェロ)で走る。

舗装道路はすぐに終わり悪路を走り続ける。

橋のないところは、浅瀬を見つけて水力両用

車のように徒渉する。

行けども行けども草原の悪路は続く。小高い

丘と草原が続き時々、羊の群れに遭遇する。

 次第に国境付近に来ると、樹木が生い茂り

、草原の景色は一変し羊より、牛の方が多く

なる。牛の種類が草原の牛と違い、一回り大

きい。家も木造の家が多いのは、近くに大き

な木が多いからであろう。

Sdsc_0115

 ULBを朝5時に出て、ようやく目的地に着いた

のは夜9:00ころであった。

月が煌々と輝き長い一日の旅も終焉した。

今回の探検隊は

日本人6人(内レディ-1人)、モンゴル人8

(内現地案内人と料理担当の奥様)。

 

設営していると、遠くで狼の遠吠えが聞こえ

てきた。 蒼き狼の歓迎である。

 狼の声が聞こえると不思議にイトウが釣れて

いた。

20159月の時も、夜9:30頃、釣っている

すぐ背中の山(約500m位)で一晩中狼が鳴い

ていた。500mといっても夜の暗闇の中では

、すぐ頭の上で鳴いているようで、前の川の釣

りよりすぐ後ろの狼の方が恐ろしい。モンゴル

の仲間達は、人間5人もいれば襲ってこない!

と言いながら、釣り続けていた。

この時も、狼が鳴いている中でイトウが釣れ

た。

今回の狼の遠吠えは、吉兆に違いない。

Sdsc_0073

912日 朝 5:00頃。Sさんは、イトウを釣

った!!

Sさんは30年前からモンゴルでイトウを釣る

ことが大きな夢で、今回の釣行には周到な準

備をし、万全な体制で臨んでいた。

そして、その大きな夢が成就した瞬間でもあ

った。

 その陰には、地元のBさんの現地案内人の正

確な現地案内があったことも幸運であった。

 

「ブリアート族」

日本人の祖先について諸説あるが、バイカル

湖の東側のブリアート族のDNAが最も近い

と言われている。

Sdsc_0236

(右端:Bさんはブリアート族 私の親戚の人

    と酷似)

今回の秘境への旅はブリア-ト族が住んでい

る地域に向かって進んだ。 国境近くに行く

と樹木が多くなり草原の景色とは一変する。 

シベリア とは、モンゴル語であり「森」

意味する。その森から流れる川に、イトウは

生息している。

「ネズミのルア-」

 草原には、ネズミがたくさんいる。ネズミた

ちが夜川を泳いで渡る時、イトウはそれを川底

から一気に捕食する。イトウが別名、「川の狼」

と言われる所以である。

 そのため、夜イトウをつるときは、ネズミの

ルア-が最善である。

 昨年、私も、夜、ネズミのルア-を引いて、

待望のイトウを釣った。心臓の鼓動がピークに

なった瞬間であった。

                                         続く....。

|

2017年9月26日 (火)

蒙古幻の魚釣行隊 (2)

その2:

 

Sdsc_0206


秘境への旅も佳境に入り、キャンプファイヤ-を

囲む。

Sdsc_0238

釣りと辺境の地への旅を祝して全員で宴となる。

酒はウイスキ-。グラスで一気に飲み干すのが

モンゴル流。

Sさんのイトウとの対面を祝して、酒が酌み交

わされる。

 酒も、3周、4周と回ってくると、さすがに、

日本人はモンゴル人にはかなわない。

言葉は通じなくとも心は通い合うから不思議で

ある。

 日本語を話せる通訳(過去に日本の大学に留

学)が3人いるから、同時通訳を交え、実に楽し

い宴会となる。

 火を囲みながら、美しい歌声がモンゴル語.

日本語で流れると、お互いに深い友情で結ばれ

ていく。

Sdsc_0210

ゴンちゃん(拓大卒)は、飲むほどに楽しい。酒瓶をいつも

抱いている。最後は、ろれつが回らなくなるほど饒舌で

ある。日本人との交流と釣り大好き人間である。

 ブリア-ト族のBさんが、地元の民謡を歌って

くれた。

自然や大地への感謝、親、祖先への感謝を込めた

歌には哀愁があった。

シベリア国境附近で酒を酌み交わし、再開を誓う

頃には月がかなり傾いていた。

Sdsc_0216

翌朝、4:00 やや薄暗い。テントのすぐ前で、

ズミのルア-を投げた。いれば必ず釣れるはずで

ある。

 すると、すぐ手前の草むらに近づいた瞬間、

ガバッと音を立てながら水面を盛り上げた。一気に

合わせたが、ヒットしない。この瞬間、ネズミを

ピクピクさせると、再度追ってくるといわれていた

がその精神的な余裕がなかった。

 あれは、Lenoxではなく、間違いなく「イトウ」

に違いない!  と、思いこみながら、帰路につい

た。

次回 Mongolian Taimen との対面を期待して!!

|

2017年6月11日 (日)

モンゴルの9月は 「-10度」。

「開高健 のモンゴル大釣行」


Img_3361_4



「文藝春秋社」刊

1995年8/23「初雪が降った」

と記述している。

 

2015年9月16日 夜 「-8度」 

満天の星空を撮影していたら、異常な寒さが体を襲い車から

出れなかった。。

 

2016年9月15日 夜 「-10度」。

完全装備であったから、対応できた。

モンゴルの9月は、雪こそ降らないが日本の冬である。

開高健は 3週間目に、ようやく「イトウ」を釣った。

そのくらいイトウ釣りは、難しい。 幻の魚たる所以である。

|

2017年6月10日 (土)

ロシア国境付近での「イトウ釣り」

ロシア国境付近での「イトウ釣り」

2017年9月 モンゴル.ロシア国境への旅

参加者との事前ミ-ティングが東京駅前 新丸ビル6F
にて行われた。

Simg_3417_2

 秘境への「釣り」
 今回は、ロシア国境付近での「イトウ釣り」が中心で、
後半は「草原の乗馬」も行う。

開高健は「釣りに行く前が楽しい!」と言っていた。
それは、秘境への夢を馳せがら仕掛けなどを準備する工程が
わくわくするらしい。

2017年9月のモンゴル.ロシア国境付近のイトウ釣り

は、あと3ケ月である。

参加者は、「幻の魚イトウ」への夢が大きく膨らんでいる。
イトウ(Mongolian Taimen) と対面できるか、既に心は

モンゴル の秘境に飛んでいる。

Sdsc_0051_2

2016.9  夜は、 -10度。

2017.9月 今年も冷えが厳しいことだろう!

|

2016年10月 2日 (日)

川の周りはすでに晩秋

Sdsc_0281


川の狼が棲む小さな川。

今は、雪が降っているに違いない。

Sdsc_0253

川の傍らに咲く リンドウ の青さが一際美しい。

|

これが「川の狼」

Sdsc_0269

巨大な川の狼である。

持ち上げると腰がふらふらするくらい重く大きい。

放流すると、静かに悠々と川に戻っていった。

川の狼に対面でき、感激。

|

幻の魚 イトウ

幻の魚 イトウ

今は絶滅を危惧し、厳しい規制がある。

捕獲すると「懲役2年」の実刑。

釣る前の有料事前許可。釣った後はもちろん放流が義務。

 昼は釣れるが、大物は夜である。

 したがって、昼はのんびり昼寝をして夜に備えるのが

賢明である。

Sdsc_0168


小さな川にも大きなイトウはいる。

しかし、昼は大物はなかなか釣れない。

大きなイトウは、ほとんど動かず、夜までじっとしている。

Sdsc_0157

とうとう、イトウ(Taimen)と対面する。
イトウはすべて リリ-スが義務。

Sdsc_0161
リリ-ス。 

Sdsc_0162

Sdsc_0185

夜 11:30 とうとう、大きなイトウがかかった。

ネズミのルア-を投げると、ポチャンと音がする。

 静かに引いてくる。

Sdscn2740

 その動くネズミを、川底から一気に食いつく。

 かかった瞬間、ものすごい引きで、すぐにイトウとわかる。

 手にするまでは興奮極まりない。

 真っ暗闇の中での取り込みはただひたすら、竿を糸との

距離感だけである。

 あまりの引きの強さで、滑って水の中に転んだ。

転んだ瞬間に竿が緩みバラすことが多いので、

転んでも、竿のテンションは張ったまま頑張った。

 草むらの上に、取り込んだ時には、体全体の力が抜けた。

 尾ビレと尻ビレが赤い。 きれいなイトウ が釣れた。

釣った後は、放流する。

Sdsc_0213
昨日イトウを釣ったポイント。水深は1m〜2mと比較的浅い。

白樺の葉が黄色に変わり美しい。

リリ-スしたイトウからも紅葉の白樺が見えているに違いない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

シベリアへの旅

Dsc_0224

東京は 26度c . 極北のロシア国境は 7度c。

白樺の黄色が美しい。


Dsc_0051

夜は -4度c。 このテントで一人寝る。大地からの冷えが

厳しい。シュラフは-25度c 用を持参したがそれでも

寒さで夜何度も起きた。

今から本格的な寒さがこの大地を襲う。冬は-40度c

にもなる。

映画 「デルス.ウザ-ラ」 の極寒の世界がすぐそこまで来ている。

|

2016年9月 8日 (木)

秘境の釣り

ロシアとシベリア国境付近にイトウを求めて

再挑戦!!
 
アムール川の上流付近には、ほとんど人はいない。
いるのは、「狼」と「大きな鹿」がいる。
 なぜなら、夜になると狼の遠吠えとそれに呼応
した怯えるような鹿の鳴き声が聞こえるからこの
2種類の動物は間違いなくいる。
 夜のしじまを破った狼の遠吠えをテントの中で聴
いていると
薄気味が悪い。しかも、テントからわずか500m位
の山のあたりから聞こえるのだから、日本人の私に
は、体験したことのない恐怖心がある。
 そんな、幽玄の秘境ともいうべきシベリアの奥地
にまもなく出発する。
 
9月16日 成田から発つ。
 上の写真のかけがえのないモンゴルの友人達が
迎えてくれるが、今年も「巨大なイトウ」と TAIMEN
 できるだろうか。
 釣れたら、成田から買っていく「IW-HARPER」で乾
杯するつもりだ。
一本では足りないかもしれない。なぜなら、今年は
一匹以上釣れそうな予感がするからである。
Sdsc_0060


Sdsc_0168


 
 彼らと一緒に飲む酒の味は格別である。
 
アム-ル川の上流あたりの河原のそばで焚き火を
囲んで飲む酒
にあの珍味が今年もあるのだろうか。
 動物のお腹に赤く焼いた石を詰めて、外側をバ-
ナ-で焼いた肉の一片を食べる。
 絶品のあの味は忘れられない。
 
 9月中旬についた時は、おそらく夜の気温は「-10度」
位だろ う。 防寒の準備はできた。
 
 カラマツ茸のキノコで昨年私がス-プを作ったが、
年はこの香りの良いキノコで味噌汁を作るつもりである。
 
シベリアの森林地帯への夢はつきない。
 
シベリアへの釣り紀行を夢見て!
                 2016.9.7

| | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

韓国の鮎 

韓国の友人 Han さんから、美しい写真が届いた。

S265


最近韓国でも鮎釣り人口が増加したとはいえ、

この写真を見る限り他に釣り人はいない。

石も大きく、水もきれいだ。

S287

日本より鮎の成長はやや早い。

あと、5週間後の8月末で禁漁。

ここから更に大きくなるのは間違いない。

 鮎釣り、それは、世界中で日本と韓国だけ(台湾)

の特殊な釣りである。写真からスイカのような芳香が

漂ってきそうである。

 HANさん、ありがとうございました。

 

|

より以前の記事一覧