« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年2月

2018年2月11日 (日)

鹿児島の大鯛釣り!

Img_0415

入り鯛」
モンゴル遠征隊の仲間が、ぜひ鹿児島に大鯛釣り来い! という。

太平洋の鯛が鹿児島の錦江湾に産卵のために集まるという。
2月、寒風が吹き荒ぶ海で鯛が釣れるのかと半信半疑で行っ...

てきた。 外の気温 2度C。 寒くて震えたが、
 鯛が釣れ始め、午前中、大鯛が5匹も釣れた。他の魚は
全く釣れない。真鯛だけである。

Img_0368


太平洋の鯛がここ鹿児島の知多半島と指宿との狭い海峡に
入ってくるのだという!
 そこの入り口で釣るのだ。とにかく釣れた。その後の
処分を友人が心配していた。 私の親戚は長野、山形、福島
に送るので心配しないでください!と言って、釣り続けた。
優勝した力士が撮影するときの鯛は、鹿児島の鯛である
と船頭さんは言っていた。 
あのくらいの鯛が翌日の半日まで、私は大鯛が、「14匹」
釣った。

Img_0402


産卵に来る鯛を釣るのは..、良心がとがめるかもしれませんね!
と、誘ってくれた同好の釣り友人が言っていた。
 私が釣る数は、知床川に遡上する鮭の群れを、ヒグマが
を捕まえるのと変わらないような気がするのですけど..。
と、自己弁護しておいたのだが...。

開聞岳を見ながらの大鯛釣りは私の忘れ得ぬ釣りの一コマとなった。

西郷さんの頃からこれらの鯛を「入り鯛」と呼ぶそうだ!

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年5月 »