« 「玄界灘」 波高し | トップページ | 「新潟県 阿賀町(私の故郷)の米、が記事に!」 »

2017年11月11日 (土)

「玄界灘」の荒海でなぜ、船酔いしなかったのか?

「玄界灘」の荒海で、私は酔わなかった!!

 何故だろうか?

隣の青年は、何度も「玄界灘」に釣りに来ていて

、酔い止めの薬を服用してきたという。しかし、

左右、上下に揺れる船の中で何度も海の中にコマ

セをまいて気の毒であった。

 私にもその内、薬を飲んでいるものの、同じ現

象が来るのだろうと常に不安に苛まされていたが、

最後まで船酔いの気配が全くなかった。

不思議だ!

 思い当たることは、草原での乗馬である。そうだ!

それに違いない!

毎年、モンゴルの草原で馬を走らせている。今年も、

7日間 馬の上で鞭を打った。

 馬が草原を走っている時(競走馬のようにGallop

する時)の上下の動きは、揺れる船以上に激しく断

続的な上下運動を伴う。そのため、私の三半規管が

麻痺しているに違いない!

「玄界灘」の荒海で、酔わなかったのだから、自信

に繋がった。

これから、近海の海では、「湖」のようなものに感

じるかもしれない。😊

Img_4115
 クエ、アコウ、ヒラマサ、そして真鯛。この他に

大きなヒラメもいるが、さすがこの魚の前では影が薄い。

|

« 「玄界灘」 波高し | トップページ | 「新潟県 阿賀町(私の故郷)の米、が記事に!」 »

釣り」カテゴリの記事