« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月

2017年11月19日 (日)

「新潟県 阿賀町(私の故郷)の米、が記事に!」

Img032

日本経済新聞 2017.11.19(日)朝刊 p.10     

 阿賀町は小さな町である。ここで採れる米は極めて少ない! 

  しかし、味が良いとのことで、今では、ここで採れる米が 

 JALのファ-ストクラスにも供給されていると聞いたのは数年

前である!。我が故郷の米が記事に載るのは嬉しい限りである。


Img033

|

2017年11月11日 (土)

「玄界灘」の荒海でなぜ、船酔いしなかったのか?

「玄界灘」の荒海で、私は酔わなかった!!

 何故だろうか?

隣の青年は、何度も「玄界灘」に釣りに来ていて

、酔い止めの薬を服用してきたという。しかし、

左右、上下に揺れる船の中で何度も海の中にコマ

セをまいて気の毒であった。

 私にもその内、薬を飲んでいるものの、同じ現

象が来るのだろうと常に不安に苛まされていたが、

最後まで船酔いの気配が全くなかった。

不思議だ!

 思い当たることは、草原での乗馬である。そうだ!

それに違いない!

毎年、モンゴルの草原で馬を走らせている。今年も、

7日間 馬の上で鞭を打った。

 馬が草原を走っている時(競走馬のようにGallop

する時)の上下の動きは、揺れる船以上に激しく断

続的な上下運動を伴う。そのため、私の三半規管が

麻痺しているに違いない!

「玄界灘」の荒海で、酔わなかったのだから、自信

に繋がった。

これから、近海の海では、「湖」のようなものに感

じるかもしれない。😊

Img_4115
 クエ、アコウ、ヒラマサ、そして真鯛。この他に

大きなヒラメもいるが、さすがこの魚の前では影が薄い。

|

「玄界灘」 波高し

「玄界灘」 それは私にとって、荒海の代名詞でしか

なかった。

 

司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」のハイライト..。

 

東郷平八郎率いる日本艦隊が、ロシアのバルチック

艦隊を殲滅させた対馬、沖の島あたりの海。

 「天気晴朗なれど波高し!」

 秋山真之が連合艦隊出動の暗号を打電した。名文

が思い起こされた。

 

 歴史を感じさせる場所でもあり、行ってみたいという夢

はあったが、まさか、行けるとは思っていなかった。

 

 しかし、今年9月 モンゴルとロシア国境附近へイトウ

釣りに同行した仲間の渡辺さん、柴田さんのお二人に

誘われて、実現した。

 

玄界灘での釣りは、渡辺さんの支援と柴田さんの献身的

な準備とがあって、「玄界灘」に向かうことになった。

 そして、とうとう、「玄界灘」の真鯛を釣ることができた。

 

11/9 この日の天候は、北風。

他の舟はこの日、時化で出船しなかったと後で聞いた。

私達は東京から行ったこともあり、

「玄界灘」に向かい、壱岐の島 あたりまで行って、果敢

に竿を出した。

 九州地方での定番の釣り方「落とし込み釣り」で時々

TVで見たことがある。

とにかく、大揺れの中で二本の足で立っているのが難しい。

それでも、踏ん張って竿を出した。なんとか、小ぶりの

「ワラサ」が釣れた。

Img_4103

 この「玄界灘」の荒波の中、私は不思議にも、全く酔う

ことがなかった。(後述する)

 

11/10 師匠 渡辺さんの指導を受けながら、

なんと朝の第一投目から小さいながらマダイが顔を

見せてくれた。

その日は、なんと、大小 合計八枚の真鯛が釣れた。

Img_4120

 

渡辺さん、柴田さんの二人の師匠のお誘いと支援がな

ければ、多分、玄界灘での釣りは一生体験できなかった

だろう。

私の釣り人生の中で、玄界灘の荒海の中での釣りは

かけがえのない思い出となった。

渡辺さん、柴田さんのお二人に感謝です。

 

帰りの「玄界灘」は一段と狂ったように荒れていた。

|

2017年11月 2日 (木)

シベリアの夕焼け 夏の思い出

Img_4069

シベリア とは、モンゴル語で「森」と言う意味らしい。

冬になると -40度 にもなる。

この過酷な大地に日が沈むと、一面静寂に襲われ、

 時々狼の声が響き始める。

ここでは、狼が夜の支配者である。

 

|

« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »