« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月15日 (木)

元リクル-ト社長 柏木 斉 様の講演 

Img_3451_2

リクル-トは二度にわたる大きな試練を経てきている。

「リクル-ト疑惑」そして「巨額の不良債権問題」である。

この二つの危機的状態を柏木さんは、創業者 江副氏 に

指名されて経営を引き継がれた。

 それを、見事に再生された。

その意味で、まさにリクル-トの中興の祖である。

 私が柏木さんに講演を依頼したのは、約半年前である。

快くお引き受けいただいた。

 大きな修羅場をくぐってきた話には重みがあった。

そして、若い人との面談には常に「WILL,CAN,MUST」

CAN:あなたはなにができるのか?

MUST:会社はこれを求めている。

WILL:どうしたいのか? どうするつもりか?

このKEYWORDが印象的でした。 

 

 

 

|

2017年6月11日 (日)

「トランプ時代の日米関係」

[トランプ時代の日米関係]
講師 藤崎一郎 氏  前駐米大使  日米協会会長

素晴らしい講演を聴いた。

Img_3446_2



1.日本と米国の関係...
2.米国と中国の関係
3.日本と中国の関係
4.北朝鮮の現状

判りやすい。それは長年米国大使を経験された人らしい話

である。

日本のマスコミで報道されている内容とは、180度
逆の分析もなされた。

長年、駐米大使として米国の深層を理解された上での洞察力

に基づく講演であった。

さらに、ホワイトハウスの、トップクラスの16人の執務室を図解

入り(既に米国では公表済み)で、現政権の現状。
過去の米国大統領の特筆すべき貢献度等々。

久しぶりに素晴らしい講演を聴かせていただきました。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンゴルの9月は 「-10度」。

「開高健 のモンゴル大釣行」


Img_3361_4



「文藝春秋社」刊

1995年8/23「初雪が降った」

と記述している。

 

2015年9月16日 夜 「-8度」 

満天の星空を撮影していたら、異常な寒さが体を襲い車から

出れなかった。。

 

2016年9月15日 夜 「-10度」。

完全装備であったから、対応できた。

モンゴルの9月は、雪こそ降らないが日本の冬である。

開高健は 3週間目に、ようやく「イトウ」を釣った。

そのくらいイトウ釣りは、難しい。 幻の魚たる所以である。

|

2017年6月10日 (土)

ロシア国境付近での「イトウ釣り」

ロシア国境付近での「イトウ釣り」

2017年9月 モンゴル.ロシア国境への旅

参加者との事前ミ-ティングが東京駅前 新丸ビル6F
にて行われた。

Simg_3417_2

 秘境への「釣り」
 今回は、ロシア国境付近での「イトウ釣り」が中心で、
後半は「草原の乗馬」も行う。

開高健は「釣りに行く前が楽しい!」と言っていた。
それは、秘境への夢を馳せがら仕掛けなどを準備する工程が
わくわくするらしい。

2017年9月のモンゴル.ロシア国境付近のイトウ釣り

は、あと3ケ月である。

参加者は、「幻の魚イトウ」への夢が大きく膨らんでいる。
イトウ(Mongolian Taimen) と対面できるか、既に心は

モンゴル の秘境に飛んでいる。

Sdsc_0051_2

2016.9  夜は、 -10度。

2017.9月 今年も冷えが厳しいことだろう!

|

2017年6月 5日 (月)

子供6人に1人が貧困! 

日本では六人に一人が「貧困」。学校の給食の昼だけ

を食べて済ます子供達がたくさんいる。

戦後の孤児達を育てていた私立の「児童養護施設」が

ある。

「箱根恵明学園」がそれである。

 今は、子供への虐待によって精神的障害を受けた子

供達を引き受けている。

彼らは、公立の学校に行っても学力が低く、授業につ

いて行けない。

そのため、自費(私立)で小学校を設立し、乏しい予

算の中で運営を余儀なくされて、今日に至っている。

24時間の育児のため、養育者の求人も困難を極めている。

こうした上京の中で心血を注いでいる「田崎吾郞先生」

をお迎えして、現況をお話しいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

2017.5.20 鮎釣り 若鮎の香り

Simg_3377

初夏は、鮎釣りの解禁から始まる。

早速、炭で焼いてみた。 まだ、淡泊だが

なかなか、いい味である。

Simg_3349

|

« 2017年5月 | トップページ