« ナ-ダム(競馬) の優勝馬 に乗る | トップページ | 東京お茶の水ロータリークラブ 会長 小田 孝志 就任挨拶 »

2016年8月16日 (火)

「草原の山羊 空に舞う」

 遊牧民のエルカと二人で馬に揺られながらのんびり

草原を歩いていた。

 エルカの視力は2.5か4.0か判らないほど遠目

が効く.そのエルカが、遠くに”はぐれ山羊”がいるという。

 私はその方向を見ると微かに黒い大きな塊が見える。

 エルカは数キロ先のその山羊を見て“同じ所をクル

クルと回っている”という。

 草原には、はぐれた  馬、山羊、羊はよく見かける。

 群れについて行けなくなった時点で、明日までの命はない。

 夜、狼が草原を40km〜50km位を渉猟するらしい。

頭が狂った山羊は時々同じ所を回ることがあるという

 山羊も三半規管や脳が狂うことがあるらしい。

 そんな山羊は狼も食べないという。仮に食べても、

頭は残すという。そんな話をエルカから聞きながら

馬に揺られていると私は興味本位で、あの山羊を見に

行こう!  と言った。

 数キロ先の黒い山羊を目指して、馬に鞭を打

って走らせた。

山羊との距離が半分くらいになった頃、突然その山羊

が、空に舞い上がった!

 その正体は、大鷲だった。羽を広げると、山羊より

も大きい。

 草原の山羊は、空に舞い上がることもあるの?

 二人は、顔を見合わせて笑った!

Sdsc04236

                                             2016.7

                                  (中央 エルカ

|

« ナ-ダム(競馬) の優勝馬 に乗る | トップページ | 東京お茶の水ロータリークラブ 会長 小田 孝志 就任挨拶 »

乗馬(モンゴル編)」カテゴリの記事