« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月16日 (火)

「草原の山羊 空に舞う」

 遊牧民のエルカと二人で馬に揺られながらのんびり

草原を歩いていた。

 エルカの視力は2.5か4.0か判らないほど遠目

が効く.そのエルカが、遠くに”はぐれ山羊”がいるという。

 私はその方向を見ると微かに黒い大きな塊が見える。

 エルカは数キロ先のその山羊を見て“同じ所をクル

クルと回っている”という。

 草原には、はぐれた  馬、山羊、羊はよく見かける。

 群れについて行けなくなった時点で、明日までの命はない。

 夜、狼が草原を40km〜50km位を渉猟するらしい。

頭が狂った山羊は時々同じ所を回ることがあるという

 山羊も三半規管や脳が狂うことがあるらしい。

 そんな山羊は狼も食べないという。仮に食べても、

頭は残すという。そんな話をエルカから聞きながら

馬に揺られていると私は興味本位で、あの山羊を見に

行こう!  と言った。

 数キロ先の黒い山羊を目指して、馬に鞭を打

って走らせた。

山羊との距離が半分くらいになった頃、突然その山羊

が、空に舞い上がった!

 その正体は、大鷲だった。羽を広げると、山羊より

も大きい。

 草原の山羊は、空に舞い上がることもあるの?

 二人は、顔を見合わせて笑った!

Sdsc04236

                                             2016.7

                                  (中央 エルカ

|

2016年8月 7日 (日)

ナ-ダム(競馬) の優勝馬 に乗る

Sdsc_0032_2

Simg_0428

Simg_2019
勲章

www.youtube.com/embed/DQ3FqCR0k7g?rel=0

私の馬はモンゴルの最大の祭り、ナ-ダム(26km 競馬)

に出て優勝2回、三位2回の成績を持つきわめて早い馬

である。

一度鞭を入れると、トップギアで一気に走る。
 さらに鞭を入れると、ハイトップギアに代わり、肩を波の

ようにうねりながら、ものすごい勢いで走る。
初心者は、優しい馬だが、私は長い間乗っているせいか、

昨年同様一番早い馬が私に割り当てられる。

しかし、速いだけで喜ぶわけにはいかない。

馬の性格はまちまちであり、速いからといって、優しい

馬と限らない。速い馬ほど気性が激しいから、乗りこな

すのが実は難しい。

 さらに、6日間の内に、馬の足が穴にはまったり、草に

滑ったりと、7〜10回位、馬がバランスを崩したが、幸い

落馬をすることはなかった。

 いつも、馬は大きな目で、じっと私の顔を見ている。
 乗り手の腕を確かめるかのように。

               2016.7.25

|

2016.7 モンゴル草原の乗馬

Sdsc_0032

2016.7 今年の草原 (草原は煙に覆われたいた)

S

2015.7 昨年の草原

モンゴル 冬は-40度の厳寒の世界。

夏になると、一面緑の草原に変わる。今年も待ち

に待ったモンゴル草原への旅が始まった。

 空港に着くと、一面煙に覆われていた。ロシアの

森林火災による煙があたりを覆っていた。バイカル

湖あたりの森林で猛暑による火災が発生し、その面

積は日本列島と同じ位だという。その煙がモンゴル

一帯を覆っていた。

 草原ですら夜の星はよく見えない。昼の草原は遠

くの丘も青い空と緑の草原を期待していたが、霧の

草原だ。 これも大自然の草原の一コマである。

Sdsc_0191

2016.7

 それでも、草原の草は生い茂り、動物達の歓喜の

瞬間であり羊や馬は短い夏を惜しむかのように、空

の薄くたなびいている煙など全く無関心で、ひたす

ら黙々と草原の草を食んでいた。

 2016.7.24




 

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »