« 久しぶりに友釣りを満喫できた。 | トップページ | 韓国の鮎  »

2016年7月 2日 (土)

7/1 (金) 朝から晴天。 釣り日和。

天竜川 支流

昨日と同じ場所に到着。8:30AM

すでに多くの釣り人が川に入っていた。

私の目当ての場所にはすでに、釣り人が入っている。

  全く連れないので、移動してしまった。

 ようやく、空いた場所に入れた。

 

私は昨日から釣っているので、場所と釣れる時間

帯は熟知していた。

 もう少し水温が上昇すればかなり釣れるはずである。

 そう思いながら、前の人が釣っていた場所に入り、

 時間の経過と水温上昇を待った。

 10:00 ころ、予感通り、少しづつ鮎が釣れ始めてきた。

 

 10:30 今まで釣れていない場所で、狂ったように

  鮎が追い始めた。入れ掛かり状態なった。

 天竜川は、10:30 から入れ掛かりタイム。

 30年前と今も変わらない。

 山から流れてくる水は朝は手を切るように冷たい。

 太陽が出て、水温が上がるのが、10;30頃。

 この時間帯で釣れなければ鮎が少ないと判断すべきである。

 

二日間、実に楽しい釣りができた。 

 明日は、土曜日で混雑すると思われる。

  予想以上に数もつれ、きれいな鮎の顔もみれたので、

帰ることにした。

15:00

 竿を納めて、帰路についた。

 久しぶりの友釣りはやはり、平日に限る。

 十分堪能できた。

 帰りのアクセルは軽かったせいか、2時間で家に着いた。

 小さな川の友釣りも実に楽しいものである。

東北の川にも今年は足を伸ばしてみたい。

 

|

« 久しぶりに友釣りを満喫できた。 | トップページ | 韓国の鮎  »

友釣り」カテゴリの記事