« 国境までは長かった。 | トップページ | 置かれた場所で咲きなさい! 渡辺 和子著 »

2015年11月24日 (火)

睡眠前のプラス思考 の重要性

睡眠前の明るい思考!

 

私の心の中はいつも「悩み」や「迷い」がどこかにある。

 それが不安、不満、恐怖心のような「ネガティブな思考」

を誘発し、さらに陰のスパイイラルに陥るようである。

  それを避けるために、私は就寝前には 「難しい局面は

 必ず解決する!」

 と自己暗示をかけることにしている。

  朝も昨夜の「難しい問題やトラブルは必ず解決する」と

考えるようにしている。

夜と朝、明るい思考で脳を満たすと、睡眠中、脳の血管に

 負担をかけないだけではなく、陽の思考が顔に出て、

それが 

対外的に明るく反映しているようである。

  心の持ち方で、陰の思考と陽の思考では

 大きな差になってくるようである。

|

« 国境までは長かった。 | トップページ | 置かれた場所で咲きなさい! 渡辺 和子著 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411240/62664097

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠前のプラス思考 の重要性:

« 国境までは長かった。 | トップページ | 置かれた場所で咲きなさい! 渡辺 和子著 »