« アンハ-君(モンゴル) からの手紙。 | トップページ | 国境までは長かった。 »

2015年11月 8日 (日)

イトウ と LENOX とは 「同一種」又は「亜種」!

イトウ と LENOXとは 「同一種」又は「亜種」!

 

 

モンゴルで最も釣れるのは「Lenox」である。

私はLenox のことを、「トラウト(鱒)」系と呼んでいた。

それは、私の推測に過ぎなかった。

イトウは鮭が陸封されたというのが定説である。

イトウの特徴は 「尾ビレと尻ビレが赤い」。

 

今回、モンゴルのアンハ-君から送られてきた写真を

見て驚いた。

 

Lenox の尾ビレ 尻ビレ、が赤いではないか。

Sdsc_0144

Sdsc_1444

イトウと全く同じである。

 

私は生物学上の「種」については全く疎い。

 

これまで、モンゴルでLenox をたくさん釣ってきたが

釣れた喜びで興奮し、その生態まで冷静に考えたことは

なかった。

今回送られてきた写真を見て驚いた。

 

Lenoxはトラウト(鱒)系とばかり思っていたが、むしろ

サーモン(鮭)系に類似していた。

長い年月の間、「交配」され続けてきたから、かもしれないが

いずれせよ、イトウと同じ尾ビレ 尻ビレ、が赤い。

Lenox は イトウ と同じ「種」かもしれない。

|

« アンハ-君(モンゴル) からの手紙。 | トップページ | 国境までは長かった。 »

海外の釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411240/62416198

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ と LENOX とは 「同一種」又は「亜種」!:

« アンハ-君(モンゴル) からの手紙。 | トップページ | 国境までは長かった。 »