« 「シスタ- テレジア海野」 | トップページ | 思い出の 芥川賞  [ アカシアの大連]  詩人・作家清岡卓行 »

2015年9月 8日 (火)

芥川賞 「火花」   

Simg009

 この本を読んでみたが、私の考えていた全体の流れとは、

異なり、なかなか興味がわくという場面には最後まで到達

しなかった。

 それは、芸人という世界の仲間同士の物語であるからで

あり、 それは、私にとって異質な世界であるからかもしれない。

 

 これのどこの部分が本格的な文学なのであろうか。

 私の理解を遙かに超越した次元での文学なのであろうか?

 それにしても、よくわからない。

 

|

« 「シスタ- テレジア海野」 | トップページ | 思い出の 芥川賞  [ アカシアの大連]  詩人・作家清岡卓行 »

読書」カテゴリの記事