« 遠方より 友行きたる 亦楽しからずや | トップページ | ロシア国境付近に行くには、川渡りが危険 »

2015年9月23日 (水)

幻の魚 イトウ

モンゴルの友人達のおかげで、とうとうイトウと対面できた。
彼らの精緻な情報と協力なしでは、一回や二回では、

イトウと対面することは不可能である。

ロシアの国境付近には、多くの川があり、それが

ロシアに入ると「アムール川」になり、北極海に注ぐ。

その源流にあたる幾筋もの川が、モンゴルにある。

 

イトウを釣るのは、夜、月が沈んでからだ。
 ネズミのルアーで。
 夜10時頃。

 外は、-8度。静かに、ルア-を投げ続ける。

 すぐ後ろの高台で、狼の遠吠えが背中で聞こえる。

 すると、遠くの山でシカの鳴き声がする。

 500m 位の至近距離で、狼の声を聞いて、感激していると

「川の狼」 が、ネズミのルア-に食いついた!

  興奮のあまり、仲間達が、川に入り丘に追い込み、

とうとう、イトウを陸まで追い込み、ひきあげた。

 感極まる瞬間である!!

 その瞬間、山の狼は、高台から興奮の極にある私たちを

あの鋭い目で見下ろしていたに違いない!

Sdsc_0144

(このイトウは、すぐに リリ-スした。)

この興奮さめやらないままテントに入り寝ると、

、一晩中この写真の後ろの山で、狼が遠吠えを

繰り返していた。

  狼も我々を歓迎してくれたようだ。!

 

.

|

« 遠方より 友行きたる 亦楽しからずや | トップページ | ロシア国境付近に行くには、川渡りが危険 »

海外の釣り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411240/61808109

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の魚 イトウ:

« 遠方より 友行きたる 亦楽しからずや | トップページ | ロシア国境付近に行くには、川渡りが危険 »