« 草原の日記 その9  草原との別れ | トップページ | 「遊牧民族」 »

2015年8月16日 (日)

私の古稀の祝い 銀座 過門香にて

Simg_1064

(写真: 右から二人目 中山薫プロ)


これまで、いつも私が幹事役で、多くの囲碁の仲間達に

「古稀」 「」喜寿」 「傘寿」のお祝いをしてきたが、今回

私が、古稀のお祝いをしていただいた。私が最年少で

あるがこうして、仲間から暖かいお祝いをしていただき

嬉しいと言うより、ありがたいという感謝の気持ちで一杯

です。

 実業界でもみな、立派な業績をあげられている方々。

 今回、ハワイ在住の方が、この日のためにお祝いに

駆けつけてくれた。

 最年少の私も諸先輩の方々に少しでも恩返しをしなけ

ればならない。

 その恩返しというのは、諸先輩に囲碁で勝ち抜くという

ことだろうが、囲碁に限っては、熟練者に勝つというのは

なかなか難しい。

 素晴らしい人との交友関係を深めることはできそうである。

|

« 草原の日記 その9  草原との別れ | トップページ | 「遊牧民族」 »

囲碁 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411240/61508185

この記事へのトラックバック一覧です: 私の古稀の祝い 銀座 過門香にて:

« 草原の日記 その9  草原との別れ | トップページ | 「遊牧民族」 »