« 草原の日記  その8  羊の楽園 雨で蘇る | トップページ | 草原の日記 その9  草原との別れ »

2015年8月15日 (土)

古来稀なり  花が届く 

 Sdsc_0015

私への古稀の祝いとして囲碁の会から自宅に

花が届いた。

 囲碁の会は、上野RC、本郷RC、お茶の水RC(私)

川越RCのメンバー約10名位で構成され、約8年前に

誘われ今も続いている。

 月一回、日本棋院の中山 薫先生を交えて定例会を

開き、年二回、山中湖にて、 (株)チェストの保木社長

の山中湖山荘にて賞金を出し合い、ゴルフと囲碁の大

会を行っている楽しい会である。

 昨年、保木会長が逝去された今も、この会は続いて

いる。

 私は、これまで、古稀、喜寿、傘寿お祝いを贈る方の

幹事であった。

 今回は最年少の私がいつのまにか古希の祝いを受け

ることになった。

 ふと、後ろを振り返ると、70年。

織田信長が、「人生50年」を舞った頃は、70年は古来稀

であったのだろう。

 とにかく、今、この一瞬、この刹那を大事にして生きて

いきたい。

  これまで大きな病気一つなく、元気にここまで

これたことに感謝するとともに、できるだけ、

社会に奉仕活動をしていきたい。  感謝

 

|

« 草原の日記  その8  羊の楽園 雨で蘇る | トップページ | 草原の日記 その9  草原との別れ »

囲碁 」カテゴリの記事