« モンゴル草原の日記 その7 今回の乗馬メンバ- 3人 | トップページ | 古来稀なり  花が届く  »

2015年7月30日 (木)

草原の日記  その8  羊の楽園 雨で蘇る

夏の草原は羊たちの楽園だ。

緑の草が生い茂るのは、7月、8月のわずか2ケ月

で,9月になると草原の草は枯れてしまう。

 夜中に遠くで雷が鳴りだし、次第に雨脚が強くな

り、ゲルの屋根に雨音が激しく音を立てている。

 

 この雨は、草原にとって「干天の慈雨」となり、

羊たちに食べられた草が再び伸びてくる恵みの雨と

なる。

 朝になるとその雨も止んでいたが、西の空は

薄墨のように黒く、時折ピカピカと閃光を放って

いる。

 今日は西の方に出発したが、

草原を走っていると、

ポツリポツリと頬を打ってくる。

 いやな予感がする。

 遠い西の彼方に雨のカーテンが劇場の垂れ幕のよ

うに薄く横に広がりこちらにゆっくりと迫ってきている。

 ガイドのエルカは遥か遠くに見える遊牧民のゲルに避難し

ようという。

 そこのゲルまでは、5kmか6kmありそうだ。

雨のカーテンがとうとう私たちを包み込みつつある。

 

全力疾走しようという。

こんなに長い距離を一気に全力疾走できるチャンス

はなかなかない。

内心喜びながら、馬に鞭を入れる。

 馬も人も、ずぶ濡れになりながらようやくゲルに

たどり着いた。

 濡れたままゲルの中に入るのは申し訳なく、入り口付近で

佇んで雨の通り過ぎるのを待つことにした。

ゲルに入るとお母さんと子どもが笑顔で歓迎してく

れた。

 そして、温かい「ミルクティー」を出してくれ、さ

らに揚げパンと作り立てのヨ-グルトも振舞ってくれ

冷えた体を暖めてくれた

Sdsc_0448




Sdsc_0447


 

 

 どこのゲルに行っても訪問者には最大級の歓迎を

するのが遊牧民の作法であるらしい。

冬にもなると、-30° の酷寒の世界になる。

遊牧民にとって、病気や事故等が起きた時、隣の遊

牧民に依存せざるを得ないからである。

 厳しい自然環境の中で生活する遊牧民にとって、

「相互扶助」の精神は昔から培われてきているに違

いない。

外の雨も小降りになってきたのでお礼を言って再び

草原の中に馬を進めていった。

濡れた草原は土が軟らかく、馬も足を取られて転び

やすいが、しかし、柔らかい草原を走るのは馬への

衝撃が少ないのだろう

雨の上がった草原を、エルカは馬に乗り、走りなが

ら撮影をしてくれた。

このような動画は、実に嬉しい。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/WQqHm0b941I?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen?rel=0></iframe>

雨上がりの草原の緑は一段と鮮やかになり、

羊たちの楽園が再び蘇っていた。

 (続)

 

 

 

 

|

« モンゴル草原の日記 その7 今回の乗馬メンバ- 3人 | トップページ | 古来稀なり  花が届く  »

乗馬(モンゴル編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/411240/61182608

この記事へのトラックバック一覧です: 草原の日記  その8  羊の楽園 雨で蘇る:

« モンゴル草原の日記 その7 今回の乗馬メンバ- 3人 | トップページ | 古来稀なり  花が届く  »