« 2011.3.11 原発事故の後、放流鮎も死亡か? | トップページ | 大草原の乗馬 4回目に挑戦 »

2015年7月17日 (金)

2015年 毎日書道展  開催

東京都美術館にて、一般公募作品が展示された。

第二回目の入選である。

村上 玉雅先生や温知会の各先生のご指導の賜である。

今年の題字は、平家物語の冒頭の一節である。

Img_0972

美術館にて、温知会の田代先生と浜野先生のお二方と

偶然お会いし、運良く「講評」をいただくことが出来た。

Dscn2589

左から、田代先生(以前 毎日書道展の審査委員)、

浜野先生(毎日展の会員 過去に偉大な毎日賞2回受賞)

田代先生からの上記作品中のご指摘:

偏と旁の文字が5文字ある。

1.これらの字は高さが同じである→ 変化を付けること。

2.偏と旁の空間が同じ      → 変化を付けること

3. 「無」 →  すこし扁平に書くと左下に余裕ができる。

貴重なご意見を賜り感謝致します。

とにかく温知会の諸先生方の指導層の厚さは素晴らしい。

毎日書道展が終わると、今度は12月「温知会展」の作品

に取り組まなければならない。..昨年、秀作賞を受賞した

ので、今年も上記講評をもとに、努力したい。

今年の題字は 「琴棋書画」 を予定。

|

« 2011.3.11 原発事故の後、放流鮎も死亡か? | トップページ | 大草原の乗馬 4回目に挑戦 »

書道」カテゴリの記事