« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月18日 (木)

2015年 毎日書道展 二回目の入選

Photo_3

平家物語の冒頭の一節。

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響き有り」

私はこの言葉が好きである。

この12文字を毎日書道展の作品に選び、

温知会「村上玉雅 先生」にご指導をいただき完成した。

 更に、温知会の諸先生からもアドバイスをいただきながら

出展の運びとなった。

村上先生及び温知会の諸先生に心から御礼申し上げます。

Fullsizerender

|

2015年6月 1日 (月)

諸行無常   (再掲)

“祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり...”

平家物語 冒頭の一説である。

鐘の音は、「ゴ―......ン」となる。

最初の音は力強く、そして次第に小さくなり、

最期は消えてゆく。

人やすべての生きるものは、一瞬、一瞬、常に

化している。そして、最期には鐘の音は消えて

しまう。

 人やすべての生き物も、刹那、刹那に変化し、

鐘の音のように人も最後に消えて、消滅して

いく。

あたかも、

それは鐘の響きに似ている。

多くの悩みの中でもがき苦しむ自分。

もがき苦しむ原因は、多くのさまざまな欲望

があるから他ならないのだろうが、ここか

ら解脱することは、私にはできそうもな

い。

かけがえのない人生、生ある限り、今生かさ

れていることへの感謝。

そして、人の役に立つ行動こそ重要であると

思う今日この頃である。

 鐘の音が鳴り続けている今のこの一瞬にこそ...。



|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »