« 九頭竜川 | トップページ | 福島県本宮ロータリークラブの50周年式典に参加 »

2014年9月22日 (月)

九頭竜川!2014年 最後の釣り

九頭竜川に魅せられて!

大河 阿賀野川が、実家のすぐ裏にあり、洪水の

度に家に水が上がるのではと、はらはらしていた

子供時代であった。

 この阿賀野川は、春は「やまめ」、夏は対岸まで

200m位の流れを泳ぎ切る度胸試し、鮎の流し毛

針釣りの入れがかり、秋には「さけ」の遡上や支流

でのイワナ釣りと枚挙にいとまがないほど、川との

遊び場が今懐かしく思い出される。

 九頭竜川は、阿賀野川ほどの半分位の水量でしか

ないが、私が育った阿賀野川に似ている。

 それは、天然遡上の鮎が多い!という点である。

九頭竜川まで、東京から車で往復1000km

 これまで行ってみたい川でありながら訪ねたこと

がなかった。

 今年は、秋田県、山形県の東北の河川に天然遡上

の鮎が激減していることもあり、九頭竜川に行って

みた。阿賀野川に似た大河であり、すっかり、魅せ

られてしまった。

2014. 8/21~8/25

      8/29~9/1

      9/ 6~9/8

毎回、車で往復 1000km。

帰宅すると、長時間の運転のため、腰が痛くなった。

憑かれたように九頭竜川に行った。

大河の九頭竜川は、自分の子供時代の阿賀野川によく

似て、ある種の郷愁にも似たものがある。

もちろん、鮎も大きく、数も多いので、期待を裏切る

ことはなかった。

140907_073853

(中央:伊藤 正弘 名人 と 九頭竜川にて)

|

« 九頭竜川 | トップページ | 福島県本宮ロータリークラブの50周年式典に参加 »

友釣り」カテゴリの記事