« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

放射能汚染による膨大な費用は、結局、国民負担。

Img061

週刊ダイヤモンド 2013.12.21号 引用

合計 11.3兆円。

この数字は、政府と東電が支払金額を圧縮したいため、

かなり過小評価した金額であるという。

国民の税金による支払いと電気料の値上げによって補填

される。いずれにせよ国民の負担は自明である。

 本来、低コスト、高エネルギーの長所はあったが、ひとたび

人類の予測範囲を超えた事故は、膨大な高コストになる。

故郷が失われた地域

Img062

避難している人たちは、今、日本全国に分散しているという。

 

2013.12.1 浪江町、富岡町の仮設

住宅の人たちへ の復興支援という奉仕

活動 に福島県本宮市に行ってきた。

 東京お茶の水ロータリークラブと本宮ロータリークラブとが

後援し、郷土芸能大会を行った。約800人 の方々がお見

えになった。 

 参加者の顔は、みな、笑顔であった。

|

2014年1月 1日 (水)

モンゴル 謹賀新年 2014.1.1  午年 

Img060

モンゴルの馬は、二本の太い木の柱の間に、革紐を通し、

そこに繋がれる。

数千年前からの伝統らしい。

体高は、平均135cm。(サラブレッドは、145cm) 

 しかし、持久力がある。

 チンギスハーンが、世界制覇をしたのも、この馬が立役者で

あった。

 この馬が、数千、数万頭で疾走したら、防ぐ方法がなかったで

あろう。

 それを形で残しているのが、あの巨大な「万里の長城」である。

 万里の長城は、モンゴルの軍馬が、いかに恐ろしかったかを

今でも無言で語りかけている。

 

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »