« 4段 認定書 | トップページ | 7月下旬 東北地方 は、どこも、豪雨。 »

2013年7月25日 (木)

仮設住宅に避難している子供達への支援活動

Dscn1861

(福島県本宮市にある仮設住宅)

放射能汚染で避難してきている「浪江町」「富岡町」の人たちは

放射能セシューム  の半減期30年を考えたら、恐らく一生帰れない。

そこに避難してきている将来ある子供達への支援活動として

 東京お茶の水ロータリークラブは、2011年、2012年と奨学金の支援

をしてきた。

 私は2012年、2013年と、社会奉仕委員長を仰せつかった。

 2013年も、東京お茶の水ロータリークラブから 200万円の資金を

この仮設住宅の方々に支援することとなった。

 その協議のため、 福島県本宮RCと東京お茶の水RCとが、

現地を視察して、より良い支援活動のため協議してきた。

 

Dscn1856_2

浪江町、富岡町の、避難してきた仮設住宅の人々は、本宮市の

人々との交流は全くない。

 

 2013.12.1 仮設住宅の家族、子供達も含めた暖かい「交流会」

を実施することに決定した。

福島県本宮RCの方々の厚いご支援をいただき、本当に

ありがとうございました。

今回は、約800人位の方々がが参加すると思われる。

 ここに住む人たち、とりわけ子供達の笑顔も、きっと見られるに違

いない! 

|

« 4段 認定書 | トップページ | 7月下旬 東北地方 は、どこも、豪雨。 »

奉仕活動」カテゴリの記事