« 2012.7.9 関西棋院 村岡 美香 4段に、5子局 挑戦 | トップページ | 栃木県、那珂川から「鮎が消えた」 »

2012年7月 9日 (月)

形成判断の重要性

小林光一プロと、自宅が近いので、時々お会いすることがある。

以前、先生から、一冊の本をいただいた。

Img030

形成判断とは碁の実力

”アマチュアの方が、形成判断が苦手だという方が多いのは

当然のことと思います。

 それは、形成判断は碁の実力そのものだからです”

重要な keyword :

"地をかせいだら、それ以上かせがないよう

に気をつけたいものです。

たくさん勝つ必要はないのです。

かせいだ分、薄くなっていますので補強する

手を選択するように心がけてください。”

実はこれがなかなか難しい。

小林先生は、形成判断で、優勢なら、「店じまい」
しなさい!といわれる。
 

 しかし、これができない。
 これができないうちは、いつまでも、低レベルから
脱却できないのだろう。

 私は、20目優勢であっても、更に相手を責めたり、
荒らしに行くことがよくある。
 挙げ句の果てに、自分が殺していた石が、生き返って、
負けにつながることがよくある。
 形成判断の欠如である。

優勢なら、「店じまい」!これを肝に銘じたい。

|

« 2012.7.9 関西棋院 村岡 美香 4段に、5子局 挑戦 | トップページ | 栃木県、那珂川から「鮎が消えた」 »

囲碁 」カテゴリの記事