« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月10日 (火)

栃木県、那珂川から「鮎が消えた」

茨城県 久慈川からも、鮎が消えた。

6/1 鮎釣りが解禁になったが、友人たちの話では、鮎がいないという。

山形の友人4人が、釣りに来たが、全員、「0」 だという。

悲しいかな、鮎がいなくては、腕のいい釣り師といえども、釣れるはずが

ない。

天然遡上がなくとも、漁協が放流した大量の鮎は、確実にいるはずだが、

消えたように、姿が見えないという。

群馬県赤城大沼、 栃木県 中禅寺湖 等の湖の魚の放射能汚染が

すすんで、出荷停止。山に積もった放射能が、湖に溜まったことによる。

しかし、そこから流れ出る川も、徐々にそして確実に放射能汚染が進ん

でいることは間違いない。

川の上流域に生息する「イワナ」 が、ことごとく、大量のセシュー

ムを含んでいるという。

そこからさらに下流に生息するのが、鮎である。

鮎は、汚染物質には極度に弱い魚である。

日本の名川といわれた、「那珂川」から鮎が消えたことは、悲しい。

この現実に大きな憤りを感じて、今年は、まだ一度も鮎釣りをし

ていない。

5/20から例年、鮎釣りに興じているのだが、今年は、7/10だとい

うのに、放射能汚染への、やりばのない憤りから、未だ一度も川に入っ

ていない。

|

2012年7月 9日 (月)

形成判断の重要性

小林光一プロと、自宅が近いので、時々お会いすることがある。

以前、先生から、一冊の本をいただいた。

Img030

形成判断とは碁の実力

”アマチュアの方が、形成判断が苦手だという方が多いのは

当然のことと思います。

 それは、形成判断は碁の実力そのものだからです”

重要な keyword :

"地をかせいだら、それ以上かせがないよう

に気をつけたいものです。

たくさん勝つ必要はないのです。

かせいだ分、薄くなっていますので補強する

手を選択するように心がけてください。”

実はこれがなかなか難しい。

小林先生は、形成判断で、優勢なら、「店じまい」
しなさい!といわれる。
 

 しかし、これができない。
 これができないうちは、いつまでも、低レベルから
脱却できないのだろう。

 私は、20目優勢であっても、更に相手を責めたり、
荒らしに行くことがよくある。
 挙げ句の果てに、自分が殺していた石が、生き返って、
負けにつながることがよくある。
 形成判断の欠如である。

優勢なら、「店じまい」!これを肝に銘じたい。

|

2012.7.9 関西棋院 村岡 美香 4段に、5子局 挑戦

「16目 勝ち」

村岡 美香 4段に、5子局で、勝つことができた。

プロに、5子局で打ったのは、プロ中山薫3段に、何回か勝ったことがある。

しかし、中盤以降、弱いところを突かれて、時々負けることがある。

今回は、途中で、「形成判断」をして、勝ち切れた。

うれしい!!

|

2012年7月 5日 (木)

日本棋院のPro.に、6子局で連勝。

2012.7/5

日本棋院  Pro.藤井 秀哉 7段 に、勝った!

6子局 でしたが、昨日と、今日、指導碁で連勝。

特に中盤以降の、ミス。これをなくすように打ちたい。

次回からは、「5子局」に挑戦したい。

|

2012年7月 4日 (水)

日本棋院 矢田 直巳 九段に 6子局で、勝った。

2012.7/4 

矢田プロ に、指導碁を受け 「6子局で、2.5目 勝った。」
これまで、プロと、6子局では、勝てなかったが、勝ててうれしい!!
勝ったとは言え、薄氷を踏む思いであった。
たまたま、勝ったという囲碁であった。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »