« 鮎が小さい! 越後荒川の鮎 | トップページ | 七月末の豪雨が、新潟県阿賀野川水系を襲った。 »

2011年7月26日 (火)

秘境の大イワナを求めて、源流に!

Image8

(未踏の秘境と言って良い)

Image3

(淵をそっと覗いた!水の透明度が高いからよく見える。

 すると、胸びれの輪郭が白い大きなイワナがゆらゆら泳  いでいるのが見えた。 あわてて、身を引いて、エサを落とすと、目印が上流にゆっくり動いた。)

新潟の荒川の鮎は、あまりにも小さいので、飯豊連峰の源流に大イワナを求めて、親戚の仲間と行ってきた。

 釣る時間はほんのわずかで、ほとんどが登山。しかも尾根歩きのようなら容易だが、実は、川に着くまでが、非常に厳しい登り、そして、下り。その連続だ。

川についてからもたいへんである。

一つの淵を泳いで昇るのであれば、楽だが、肌を刺すような冷たい氷水の遊泳はシビレル。

昇れない滝にさしかかると、山を巻くしかない。

それも、垂直の岩をカニの横ばいで歩くことがよくある。

時々もし下に落下したらと考える。

いわばロッククライミングであるから、強靱な足と腰そして腕の力が必要である。危なくなるとここは無理をしないように、戻ることがしばしばあった。

さらに、大きく巻かざるを得ない。これは、実は非常に疲れる。このとき、体力の限界を感じざるを得なかった。

源流に詳しい親戚の連中は川に精通しているので、天狗のように山々を渉猟して歩くから、ついて行く私はかなり、参った。それでも、2年前にいったので、今年もチャレンジしたが、

年齢による体力の衰えを痛切に感じた。

Image10

(源流を天狗のように渡り歩く仲間普通の人は、ここまで行くのは、まず無理である

私だけ、7m~8mの鮎竿を持って行った。大淵では有効

しかし、登山、徒渉、岩肌のクライミングには不便だった)

Image5

(釣れた瞬間)

Image1

(28cmが釣れた)

これだけ大きいのが釣れると、ここまでの足の疲れを忘れる。

110724_164638

(新聞1頁の半分の上に載せた大イワナ)

さらに大きなイワナが淵に見えた。おそらく、45cm~50

cm位だが、淵に潜って、とうとう釣れなかった。

源流の大イワナ釣りは、常に危険と隣り合わせであり、私もさすがに、そろそろ、ここに行くのは、最後かも知れない。

 

|

« 鮎が小さい! 越後荒川の鮎 | トップページ | 七月末の豪雨が、新潟県阿賀野川水系を襲った。 »

釣り」カテゴリの記事