« 前立腺ガン について | トップページ | 鮎が小さい! 越後荒川の鮎 »

2011年7月20日 (水)

鮎より大鯛釣り

津軽海峡の真鯛

717(日)米代川の名手達はまだ小さい17cm~20cm位の鮎よりも、

日本海の大きな真鯛釣りに行った。

 ランクルの後ろに、大きな船を引いて日本海に行くようだ。

場所は、本州最北の竜飛岬。

 ここは、大マグロ釣りで有名な場所。ここの漁師は、大マグロのほうがお金になるから、労働生産性はこちらの方が高い。

真鯛釣りは、やらないのだろうか?

 しかし、本州と北海道の海峡で釣る釣りは、壮大な夢があるだろう。

米代川名人衆は、大きな真鯛をたくさん釣ってきた。

大きさは、東京湾の真鯛と比較すべきではないが、とにかく大きい。

ほかに、大きなブリも釣ってきた。

私も次回は、真鯛釣りにも行ってみたい。夏の日本海は波が静かだというが、何しろ津軽海峡だ。流れが速く、波は荒いに違いない。

船酔いが心配だ。

 釣ってきた大きな真鯛をいただいた。

003

(発砲スチールに氷を入れ入れ、冷凍で送ったが、表面は少し凍った

 小さいのが、1kg位

2kg~3Kgの真鯛の引きは考えただけで豪快だ!

鮎の引きとは次元が違うことは間違いない。

 東京では、養殖真鯛が主流で、天然の真鯛は、貴重だ。

 いただいた真鯛は、「サシミ」そして「昆布締め」で一杯やるのが楽しみである。                    感謝

 

|

« 前立腺ガン について | トップページ | 鮎が小さい! 越後荒川の鮎 »

釣り」カテゴリの記事