« 謹賀新年 | トップページ | 今年の鮎釣りは、気が重い! »

2011年3月11日 (金)

書家は筆の魔術師!

詩人が、言葉の魔術師であるように、書家は筆の魔術師である!

そんな風に思うことがよくある。

2006年 中国 西安を訪ねた。

西安は、昔 「長安」と呼ばれ、西洋と東洋の架け橋となったシルクロードの出発点でもあった古い歴史的な町である。

空海もここで学び、驚いたことに、空海は、当時の中国の僧侶よりも「書」は、傑出していたという。

長安の町を模倣して、奈良の平城京を作ったらしい。

西安を訪ねたのは、中国にある歴史的な書を、石に彫って保存してある「西安碑林」を見るためであった。石碑が、林のように林立していた。

ここは、すべて、石に書かれた有名な書家の殿堂であり、小さな世界遺産と言っても良い。

これらの「書」を見たとき、書家は「筆の魔術師」に違いない! と思った。

毎日書道展の入選を目指して稚拙ながら

燈 火 清」 

を約150枚ほど書いたものの、一枚として、納得のいく作品はできない。

終生、筆の魔術師にはなれそうもない!

Dsc_0064

|

« 謹賀新年 | トップページ | 今年の鮎釣りは、気が重い! »

趣味」カテゴリの記事