« 陽気で楽天的なブラジル人! | トップページ | 栄光の背番号は 「10」  »

2009年12月16日 (水)

♪イパネマの娘♪

♪ ボサノバ♪は、50年代後半に、サンバを元にしてブラジルで生まれた音楽。
既存のブラジル音楽に飽きたらず始めたらしい。
映画でもアカデミー賞を受賞したブラジル.仏合作映画「黒いオルフェ」の中で
多くのボサノバが、歌われその後ジルベルトが英語で歌った「イパネマの娘」が、全世界で大ヒットした。

リオデジャネイロの美しい海岸は世界的にも秀でている。
リオの代表的な美しい海岸といえば、「コパカバーナ」であり、こここそ、リオの美しい海岸の代名詞でもあった。

Dscn0516 

(月曜日の朝:サッカーの猛練習。第2のカカ、ロナウドを目指して)

Dscn0517 

(ビーチバレーの特訓:

オリンピック代表では?)

1 

2 

しかし、今では、富裕層が、コパカバーナの海岸から、少し離れたイパネマの海岸に移っているという。

そんな、イパネマの美しい海岸通りのカフェの前を通りすがった若き美しい女性が「イパネマの娘」の曲のモチーフらしい。

この曲は、静かで、甘美で、あまりにも軽い!

そして、眠くなるような気怠さを感じてしまうのは、私の音楽のセンスが全くない証に違いない。

|

« 陽気で楽天的なブラジル人! | トップページ | 栄光の背番号は 「10」  »

旅行・地域」カテゴリの記事