« 最上川 対岸に船で渡る | トップページ | ♪イパネマの娘♪ »

2009年12月16日 (水)

陽気で楽天的なブラジル人!

陽気で楽天的なブラジル人!

リオのカーニバルはサンバのリズムに乗り陽気に踊り狂う。そこに一年間凝縮した高濃度のエネルギーを一気に発散する。
 ここにブラジル人の陽気なで楽天的な国民性が凝縮されている。
 
日本では自殺者が、年間約3万人以上。一日当たり約100人という驚異的な数字がある。
 ブラジルでは、自ら命を絶つという人は極めて少ないという。
 人生の蹉跌は、年齢や人種を問わず必ずある。
しかし、人間には艱難辛苦の難関を乗り越える試練を与えられているのかもしれない。

日系ブラジル人の経営するコーヒー園を訪れた時、こんな話を聞いた。
ブラジルの労働者がコーヒー園で働いていたとき、大きなミスをしたので経営者は厳しく叱ったという。日本人ならそのショックで深く考え込み、仕事を辞めるかもしれないと思ったらしい。

Dscn0608_3

Dscn0600_5

 

(赤い実が完熟)

(コーヒーの実を、水で流して選別し、天日で乾燥)

しかし、翌朝、かの労働者は、笑みを浮かべ、明るい声で、“おはようございます!”(ボン ジア)と挨拶をしたという。
日系ブラジル人の感覚からすれば、おそらく今日は仕事には来ないだろうと思っていた矢先だっただけに驚いたという。
 自殺などという、概念は、ブラジルでは全くないらしい。
 2月のカーニバルでは、そうしたストレスを一気に発散させるのかもしれない。
とにかく、ブラジル人たちは、陽気で明るい国民性である。

|

« 最上川 対岸に船で渡る | トップページ | ♪イパネマの娘♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事