« 栄光の背番号は 「10」  | トップページ | 飯豊連峰 源流部近くのイワナ釣り #1 »

2009年12月30日 (水)

熊は大木に登る!

熊と行っても日本にいる月の輪熊の話である。

 カナダ等にいる灰色グマ(グリズリー)、黒熊のような巨漢では、無理かも知れない。

Dvc00018

しかし、ツキノワグマは、大きな木に登る。

クライマーが、岸壁に、ハーケンを打ち込みながら登るように、熊もあの鋭い爪をハーケンのように木に打ち込んで大きな木に登る。

熊の好きな、木の実か、スズメ蜂の巣があるときである。

過日、越後の深山にキノコを求めて入った。

写真のように、熊のいる形跡がたくさんあった。

大きな熊の糞もある。握り拳のような大きなふん。所々に、果実の未消化の粒が表面に浮いていた。

木には、大きな熊の爪痕。そして、一週間前にはなかった大木の樹皮が大きく引き剥がされていた。恐らく樹皮の内側にいる昆虫や虫を捕食したらしい。

奧阿賀の深山には、熊が多い。熊が自分たちの聖域を犯されないように、人間達にその存在を示し入山する事への警告かもしれない。

Dvc00017

|

« 栄光の背番号は 「10」  | トップページ | 飯豊連峰 源流部近くのイワナ釣り #1 »

故郷の山」カテゴリの記事