« ブラジルに行く。日系ブラジル人の帰国者の子供達への奉仕活動 | トップページ | 世界の秘境 「パンタナール」 »

2009年7月28日 (火)

ブラジルに訪問。出稼ぎ日系ブラジル人の子供達への奉仕活動

http://rotary.jugem.jp/?cid=32

Dsc_0062 経済不況のあおりで、帰国せざるを得ない日系ブラジル人。

親は、まだポルトガル語を話せるが、その子供達は、ポルトガル語をほとんど話せない

帰国後、ブラジルに帰っても、ポルトガル語は全く話せず、学校に行ってもいわゆる脱落者の道。不登校で、結局犯罪の道に走るか、精神上に問題を抱えることになる。

2009年に入り、デカセギの日系ブラジル人の帰国者が、急増している。

この地球上で、日本人が多いのは、日本に次ぎ、ブラジルであり、約150万人の日系人が住んでいる。日系ブラジル人の先駆者は終始一貫、「正直」「勤勉」「誠実」で過酷な原野を開拓してブラジルで生活をしてきている。長い間、日系ブラジル人はその真面目さで、ブラジルの国内では、今、大きな信用を築いてきている。

 しかし、日系ブラジル人の日本でのデカセギ労働者は、いち早く解雇されて帰国を余儀なくされているのが現状である。

その子供達。ポルトガル語も話せず、学校の授業に着いていけず、不登校から、犯罪への道を進む姿は、あまりにも悲惨である。そんな子供達に、少しでも夢を与えようと思って、下記のような奉仕活動をしてきた。(下記URL 参照)

 2050年 日本の人口は、約8000万人に減少。

一方、BRICS、すなわちブラジル、ロシア、インド、中国の発展途上国の中で、人口約2億人。資源と国土が豊富なブラジル。

これからの日本との良きパートナーとなるはずである。

その時、日系ブラジル人の子供達が、二つの言語を話せるなら、小さな島国の日本と、広大なブラジルとの間に、ビジネスとしての大きな虹の架け橋を架けることが出来る。

日系ブラジル人の子供達がその大きな虹を架けてくれることを願わずにはいられない。

Dsc01958red(写真: 日系ブラジル人の子供達が歓迎してくれた)

http://www.spshimbun.com.br/content.cfm?DA_N_ID=10&DO_N_ID=30183

|

« ブラジルに行く。日系ブラジル人の帰国者の子供達への奉仕活動 | トップページ | 世界の秘境 「パンタナール」 »

奉仕活動」カテゴリの記事