« 興津川の水は、綺麗だ! | トップページ | 狩野川の鮎 5月23日 »

2009年5月26日 (火)

興津川の鮎 (2009年5月20日)

「興津川のお祭」

Dvc00017 

2009.5.20 深夜二時に家を出て、朝四時半に興津川に着いた。

しかし、友釣りに入る場所は既にない。全く釣れそうにもないところですら人が立っている。今日は関東で一番早い鮎釣りの解禁河川 興津川のお祭りだ。駐車場には、青森、群馬、栃木、岐阜のナンバーもある。

「どぶ釣り」

 やむを得ず「稲荷淵」と呼ばれる右岸に入り、どぶ釣りに興ずることにした。友釣りもどぶ釣りも鮎釣りの一手法に変わりはない。

 鮎の毛針を沈めてしばらくすると、鮎独特の当たりがあった。竿先をかすかに震わせるようなか細い動きだ。その瞬間竿先をピタリと止めた。

数秒後、竿の穂先を一気に水の中に突っ込み始めた。鮎独特の当たりである。

音楽に喩えるなら、最初の第一楽章は、実に静かな旋律でゆったりとしていて、次第に第3楽章、第4楽章に入ると実に激しく天地をひっくり返すような音が支配する交響曲のそれに鮎の引きが似ている。

どぶ釣りの鮎の引きは、まさに交響曲の旋律そのものに思えてならない。

「興津川の鮎の香り」

興津川の鮎は、良質の苔をはんでいるから肌がツルツルしていて、香りが非常に強い。鮎は、鮎の肌と香りで評価されるが、興津川の鮎は素晴らしい。

友釣り」

午後三時頃になると、あれほどいた人もほとんどいなくなった。

釣れないからだ。

おもむろに、友釣りの支度に切り替えて川に入る。今年は、鮎は少ないものの興津川で竿を出せることに満足である。

5/20といえば、私の故郷阿賀野川では、山菜が出て、ようやく山々の木々が芽吹いた頃だ。鮎の遡上は、勿論6月に入って本格的になる。

たとえ、放流鮎とはいえ、興津川では、釣り人に鮎釣りを楽しませてくれる。ありがたいことだ。

小さな川の興津川。山々は、緑色で、川の周辺には摘み終えたお茶畑があり、新緑の柔らかそうなお茶の葉が目に眩しい。

竿を出している背中から、カジカの鳴き声が川一面に響きわたっている。

釣り人がほとんどいなくなったせいで、ようやくカジカも石の下から出てきたらしい。

背中のカジカを振り返り目で追うが、華麗な鳴き声だけで、姿は見つからない。すると、竿先の方からも大きなカジカの鳴き声も加わり、さらに対岸の下からも数匹のカジカの大コーラスが響きわたっている。

目には美しい清流が飛び込み、目と耳からそして手からは鮎の感触が伝わってくる。ここは、まさに幽玄の境地に他ならない。

“もしかしたらここは天国の川かもしれない!”

興津川に感謝! 

|

« 興津川の水は、綺麗だ! | トップページ | 狩野川の鮎 5月23日 »

釣り」カテゴリの記事